エアコンを付け替える際に業者は必要?自力でも出来る?

エアコンを付け替える際に業者は必要?自力でも出来る?

 

 

 

引越しの見積もりを取ってみると、エアコンの取り外しや取り付けには別料金がかかるため、そのお金を浮かせるために自力でエアコンの引越しを実行しようと考える方が多いのが現状です。

 

取り付け取り外し込みで1台当たりの移設相場は15000円~20000円程度です。

 

 

しかし、この作業は機器の破損に繋がってしまう可能性が高いため、自力でのエアコンの設置工事を行うことはおすすめしません。

 

 

専用の工具がいくつも必要となるほか、方法や順序を誤るとエアコンの内部に溜まっているガスが抜けてしまい、取り付け時にガスの充填を施さなければならなくなります。

 

 

また、ガスの補充は多すぎても少な過ぎても効きが悪くなる為、適度な量が難しいのが難点です。

 

 

この場合では専門業者の助けが必須となり、結果としてエアコンの移設を業者に頼むよりも高額な工事費用(ガスの補充だけで2万円ほどが相場です。)が発生してしまうケースも多く見受けられます。

 

 

 

不慣れな作業によってケガを負ってしまうリスクや、エアコン本体を破損させてしまう可能性を考慮し、エアコンの移設は初めから業者に依頼するようにしてください。

 

 

エアコンの移設を業者に任せる場合の選択肢は二つであり、

 

一つは引越し業者のオプションを利用して提携している専門業者に一任するケース、

もう一つは自らエアコンの専門業者を探して移設を依頼するケースです。

 

 

引越し業者のオプションを利用する場合には、引越しの見積もりと同時にエアコン移設工事の料金が提示されます。

 

 

格安料金が提示されることはまずありませんが、その代わりに工事日などの融通が利くことも多く、引越しと同時に移設が可能となれば、引越し当日が真夏や真冬だったとしても快適に過ごせます。

 

 

 

専門業者を自分で探して移設の依頼を行うと、基本工事だけで済む場合には10,000円以下の料金で工事を完了させられる場合がありますが、

 

 

追加工事が必要な場合には高額な別料金が発生することもあるため、事前に契約内容をよく確認しておきましょう。

 

 

セット価格とし基本料金は安いが追加料金が高いケースや、基本料金が高いが追加料金が安いケースなど業者により異なります。

 

 

本来は複数で見積もりを取るのがベストですが、引越し業者は転居先の下見まで行きませんし、新居先の電気屋さんでは見に来るだけで5000円ほど足代が必要になるケースもあります。

 

 

最後に追加料金が発生するケースについてまとめておきます。

 

  • 配管の延長(1mあたり2000円程度)
  • 配管の劣化による交換
  • 排水ホースの延長(1mあたり1000円程度)
  • 室外機の2段置き工事(1万円~)
  • コンセント交換や延長(1mあたり1000円~2000円)
  • 電圧切り替え(2000円程度)
  • コンクリート穴あけ(1か所につき10000円)

 

また、見積もりで工事内容をしっかり確認し、通常料金に含まれる真空引き(配管内の不純物を除くこと)などでおかしな追加料金が発生する業者は利用しないようにして下さい。

 

 

取り付け後は、必ず冷房・暖房の動作確認を行って下さい。引越し業者の保険は荷物到着日より3ヶ月以内となっていますが、責任の所在をはっきりさせるために、当日作業員が居る場で確認をして下さい。

nyuumon-syo