引越し祝いを贈る際に覚えておくべき鉄則

引越し祝いを贈る際に覚えておくべき鉄則

 

一口に引っ越し祝いと言っても、その内容によって名目が変化することをまず覚えておく必要があります。

 

 

たとえば、新築のマンションや一戸建てに引越しをする場合には「新築祝い」、

 

 

中古の住宅への引越しの場合には「引越し祝い」あるいは「新居祝い」としてお祝いしましょう。

 

 

 

贈り物の金額としては、新築祝いでは家族の場合には10,000~50,000円程度、

 

 

 

友人や仕事関係の人物の場合には5,000~10,000円ほどが、

 

 

 

引越し祝いでは家族の場合、または相手との関係が家族・友人に関わらず5,000円ほどが目安となります。

 

 

 

熨斗の表書きは、新築祝いの場合には「御新築祝」や「祝御新築」、新居祝いの場合には「御新居祝」と書くことが一般的ですが、無難に「御祝」とだけ記しても構いません。

 

 

祝事ですから紅白で蝶結びの熨斗を選びましょう。

 

百貨店等では、用途を明確に伝えると適切な熨斗を選んでもらえます。

 

 

贈り物の内容は、年下の家族や親戚、あるいは部下などに対しては現金や金券を包んでも構いませんが、目上の人物に現金を贈ることは失礼にあたりますから避けてください。

 

 

その他にNGとなる贈り物としては、

  • ライターやガスコンロ、
  • あるいは赤い物など火事や火を連想させるような物や、
  • 時計や額縁などの壁に穴を開けさせなければ使うことのできない物があります。

 

これらの品は、引越しをした本人からリクエストが無い限りは贈らないように注意しておきましょう。

 

 

引越し祝いを渡すタイミングとしては新居に初めて招かれたときがベストですが、もしもそういった機会が無いという場合には引越し後一ヶ月以内を目安に手渡しか配送で贈りましょう。

 

 

かさばる物や重い物の場合には、手渡しする機会があったとしても敢えて配送することがマナーであることも覚えておく必要があります。

nyuumon-syo