引越しにチップやお礼といった心付けは必要?また知人に手伝ってもらった場合は?

引越しにチップやお礼といった心付けは必要?また知人に手伝ってもらった場合は?

 

引越しをする際に、業者のスタッフや手伝ってくれた方にチップやお礼の品といった心付けを渡すべきか否かは多くの方が悩むポイントの一つです。

 

引越し業者に依頼した場合には、それ相応の対価を既に支払っているわけですから、特別に心付けを渡す必要はありません。

 

 

しかしこれから重労働を行うスタッフに感謝の気持ちを込めてチップを渡したいという場合には、スタッフ一人あたり1,000~3,000円程度を目安にポチ袋に包んで手渡すと良いでしょう。

 

 

 

チップは先に渡しても後で渡しても構いませんが、どうせ渡すのであれば作業開始前の段階で渡したほうがスタッフの士気を高めることができ効果が増します。

 

 

チップ以外の形で差し入れをするのであれば、飲み物を購入することが無難です。

 

スポーツドリンクやジュース、コーヒー、紅茶、炭酸類など、様々なジャンルを混ぜて多めに差し入れると喜んでもらえます。

 

 

食べ物に関してはスタッフが各自持参している場合もありますから、差し入れる場合にはお菓子程度に止めておくと無難です。

 

 

知人に手伝ってもらった場合のお礼の方法は?

 

 

 

引越し業者ではなく、家族や親戚、友人に引越しを手伝ってもらった場合には、やはりお礼をすることが礼儀になります。

 

貴重な時間を割いて重労働をしてくれているのですから、一人あたり5,000~10,000円前後を目安に心付けを渡しましょう。

 

荷物の運搬に車を出してもらった場合には、別途多めのガソリン代を加算して渡すことも礼儀の一つです。

 

 

親戚や友人が心付けを受け取ることを拒んだ場合や、対価として金銭を支払うことに抵抗がある場合には、新居や新居の近くの飲食店で食事をご馳走して心付けに換えるという方法もあります。

 

 

そういった形であればお礼をされる側も受け取りやすいですし、今後の付き合いに優劣が生じることもありません。

nyuumon-syo